FC2ブログ
03 月<< 2019年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、当社のみず菜について放射能の測定を

県のほうで測定していただきました

結果は・・・不検出!!

安心しました

取り急ぎ報告でした。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 農作業
アップするのが遅くなってしまいましたが、

小ねぎの移植が始まりました。

みず菜とは違い、機械で植えていきます。

機械の原理は田植え機械と一緒みたいです。

苗をセットして機械を押しながら歩いていくと

苗をひとかたまりずつとって植えてくれます。

blogyou 007

blogyou 003

苗を踏まないように、列が曲がらないように

慎重に歩いていきます。

後ろのついているタイヤのようなもので植えた苗に

土を寄せておさえます。

blogyou 006

blogyou 001

1ハウス植え終わるのに1時間くらいかかります。

定植・移植が始まるともうすぐ冬だな~と実感しますね。

冬になる前に、ハウスのビニールを二重にする作業をします。

みず菜のハウスではもうすでに二重にしています。

みず菜のほうは暖房も入れるのですが、

あんまり寒いとフル稼働しちゃって、重油代がぁっ

今年の冬はどのくらい寒くなるのか・・・心配です



  • このエントリーのカテゴリ : 農作業
気持ちいいお天気が続いていますね。

さて、10月9日からみず菜の定植が始まりました。

まず、肥料を散布し耕起したところへ穴が開いているマルチを3列敷きます。

端は土をかけておさえます。

このマルチと土の間には、潅水チューブも敷いてあります。

もっと寒くなると、ハウス内の内張りを下ろします。

そうすると、ハウスの両脇についてる潅水チューブが使えません。

なので、定植時はマルチと一緒に潅水チューブも敷くのです。

そして、マルチの穴のところに木で作ったスキーのスティックの

ようなもので一つ一つ土に穴を開けていきます。

この作業がすごく大変で、慣れるまではマルチや潅水チューブに

穴を開けてしまったりします。

潅水チューブに穴を開けてしまうと、そこから大量に水が出てしまい

均一に潅水が出来なくなってしまいます。

そんなことに気を配りながら素早くリズミカルに穴を開けていきます。

そこへ、手作業で苗を植えます。

植えるといっても、すでに穴が開いているので苗を入れるだけなので簡単です。

blogyou 008


植えたばかりの苗は、ぺたっと寝ていますが

水をかけて数日すると、ぴんっとまっすぐ立ちます。

blogyou 009

このハウスが収穫できるのは約1ヵ月後です。

お知らせ

10月16日(土)・10月17日(日)にみやぎまるごとフェスティバルがあります。

16日だけですが弊社のみず菜も出しているので

ぜひ遊びに来てみてください





  • このエントリーのカテゴリ : 農作業
宮城もだいぶ涼しくなってきましたね。

昨日は寒いくらいでした。

10日くらい前までは「この暑さいつまで続くのかな~」なんて思ってたのに。。。

さて、弊社では今年も定植用の苗作りが始まりました。

小ねぎは事情により播種機が使えず↓のように作業しています。

培土を入れておいたトレーに、穴のあいたアクリル板を

穴の位置をずらして2枚重ねて置き、種を入れ穴の中に種が入るよう

ハケでなでていきます。

小ねぎ定植用播種①

余分な種を端に寄せてアクリル板をスライドさせると

ずれていた穴がぴったり重なり、種がトレーに入ります。

小ねぎ定植用播種②  小ねぎ定植用播種③  小ねぎ定植用播種④

そして覆土をかけます。

小ねぎ定植用播種⑤小ねぎ定植用播種⑥

1つの穴に6粒くらい種が入るようになっています。

1ハウスに約30トレー使います。

みず菜も工程は同じです。

こちらは、箱のようなものの表面に種と同じ大きさの穴が

2つずつ並んで開いています。これが、掃除機のようなものと

つながっていて、種を入れると穴に種が吸い付くようになっています。

みず菜定植用播種①  みず菜定植用播種②

余分な種を取り除いたら、セットしておいたトレーにかぶせます。

みず菜定植用播種③

吸い口のバルブを閉めると種がトレーに入ります。

みず菜定植用播種④  みず菜定植用播種⑤  みず菜定植用播種⑥

1ハウスに約42トレー使います。

小ねぎは10月下旬、みず菜は10月10日頃から定植が始まります。

始まり次第、またブログに載せたいと思います。

  • このエントリーのカテゴリ : 農作業
まだまだ暑い日が続いていますね~

今年はこの暑さのせいで野菜の価格が高騰してますね。

ウチも野菜の収量が減っていてなかなか大変です。

ご注文のお問い合わせをいただいても、お応えできないこともあったり。。。

そんな中、従業員一同がんばっていますが

作業棟内の温度はなんと40℃にもなっています

ハウス内は45℃。。。

ただ立っているだけでも汗がダラダラ

Tシャツはシースルーのようになってしまい、手でしぼる事が出来ます。

たまに吹いてくる風は熱風のよう。。。

早く涼しくならないかと心から願っています。
  • このエントリーのカテゴリ : 農作業
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。